ハラルとハラム

イスラム教徒が豚肉を口にしないのはよく知られていますが、ピーマンを嫌いな子どもがピーマンをよけて食べるというのとはわけが違います。豚肉が入った料理はその皿全部が食べられず、豚肉に使った調理器具を使った料理も食べることはできません。
 
イスラム教の教えに則った食品は「ハラル(許された)食品」、非ハラル食品のことは「ハラム食品」と呼びます。豚・肉食動物・爬虫類・昆虫類およびこれらからの副産物はハラムであり、食べることは禁止されています。また水中でも陸上でも生きられるカエルやカメ、カニなどの生物も禁止です。アルコール飲料は禁止。アルコールが添加されている醤油や味噌もだめです。牛・羊・鶏等はハラルの食材ですが、イスラム教の作法に沿って屠殺されなければなりません。イスラム教の戒律に違反していないと認定された食品には、ハラル認定マークが付いています。

阿波観光ホテル、和風レストラン「やまもも」ではハラル認証をうけたメニューをご用意出来ます。